イレイザー (1996) : Eraser

重大事件の証人の安全を守るため、彼らの過去を消し去る特殊任務を請け負う政府特別情報局員の活躍を描くサスペンス・アクション。監督はチャールズ・ラッセル。トニー・パーイヤーとワロン・グリーン、マイケル・S・チャヌーチンの原案を、パーイヤーとグリーンが脚色。撮影はアダム・グリーンバーグ、音楽はアラン・シルヴェストリ、美術はビル・ケニー、編集はマイケル・トロニックがそれぞれ担当。

監督:チャック・ラッセル Chuck Russell
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、ヴァネッサ・ウィリアムズ、ジェームズ・カーン、ジェームズ・コバーン、ロバート・パストレリ

イレイザー (1996)のストーリー

全米屈指の防衛兵器会社、サイレックス社に勤めるリー・カレン(ヴァネッサ・ウィリアムズ)は、最新鋭のスーパー兵器EMガン、別名“レール・ガン”にまつわる陰謀を知り、証拠物件の入ったディスクを盗み出す。リーの安全確保のため、イレイザーことジョン・クルーガー(アーノルド・シュワルツネッガー)が出動したが、彼女の家を早くも敵が襲撃。クルーガーはリーを救い出すと、彼女の過去を消し、彼しか知らない場所に彼女の身柄を預けた。一方、証人保護プログラム下に置かれた証人たちが次々に殺される事件が発生。どうやら裏切り者がいるらしい。クルーガーは彼の師であるドゥゲラン(ジェームズ・カーン)と共に、湿地帯の隠れ家に保護されている証人の救出に向かうが、敵は倒したものの証人はドゥゲランの手で殺されてしまう。裏切り者はドゥゲランだったのだ。その帰路、ジェット機の中でクルーガーはドゥゲランに睡眠薬を飲まされ、危うく殺されそうになるが、地上1万メートルからパラシュートで降下、からくも脱出。クルーガーはリーと動物園で落ち合うが、追って来たドゥゲラン一味と交戦。ドゥゲランはクルーガーこそ裏切り者だとベラー局長(ジェームズ・コバーン)に主張する。危機を逃れた二人は、クルーガーが以前助けた詐欺師のジョニーC(ロバート・パストレリ)の協力でサイレックス社に潜入。リーがコンピュータを操作すると、サイレックス社と国防省次官が組んで、今夜ロシアン・マフィアのテロリストにレール・ガンを大量密売する計画が明らかに。これが実行されれば、世界の軍事バランスが狂ってしまう。クルーガーらは港に向かい、ジョニーCのいとこの港湾マフィアの力を借り、敵と激しい戦闘を繰り広げる。テロリストたちは倒されたが、ドゥゲランは生き延びた。裁判がはじまったが、ドゥゲラン一味は無罪を主張、情勢は敵に有利だった。その矢先、クルーガーとリーが乗り込んだ車が大爆破。ところがこれは作戦で、二人は無事だった。クルーガーはドゥゲラン一味の乗った車を貨物線の踏切に誘い込み、列車と衝突させて、法で裁けぬ悪人たちを“消去”した。

関連記事

  1. トータル・リコール (1990) : Total Recall

  2. ジングル・オール・ザ・ウェイ (1996) : Jingle All The Way

  3. ラスト・アクション・ヒーロー (1993) : Last Action Hero

  4. キンダガートン・コップ (1990) : Kindergarten Cop

  5. ターミネーター2 (1991) : Terminator 2: Judgment Day

  6. バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲 (1997) : Batman & Robin

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。