プレデター (1987) : Predator

正体不明の高度な技術を持つ地球外生命体・プレデターとコマンドーとのジャングルでの死闘を描くアクション映画。監督はジョン・マクティアーナン。脚本はジェームズ・E・トーマスとジョン・C・トーマス、撮影はドナルド・M・マッカルパイン、音楽はアラン・シルヴェストリ、プレデターのデザインはスタン・ウィンストンが担当。

監督:ジョン・マクティアナン John McTiernan
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、カール・ウェザーズ、エルピディア・カリロ 、 ビル・デューク 、 ソニー・ランダム 、 ジェシー・ヴェンチュラ 、 シェーン・ブラック 、 ケビン・ピーターホール   。

プレデター (1987)のストーリー

コマンド隊長ダッチ・シェイファー(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、フィリップ将軍(R・G・アームストロング)に呼ばれ、困難な任務を命じられた。3人の閣僚を乗せたヘリが、中南米某国の国境を越えた地点で撃墜されたので、3人を救出してこいというのだ。かつての戦友で、今はCIA部員のディロン(カール・ウェザーズ)が同行する。コマンド隊は巨漢のプレイン(ジェシー・ヴェンチュラ)、彼と仲の良い黒人のマック(ビル・デューク)、ラテン系のラミレス(リチャード・チェイヴス)、アイルランド系のホーキンス(シェーン・ブラック)、インディアンのビリー(ソニー・ランダム)の5人。ジャングルでヘリの残骸を発見し、さらに奥へ進んだ一行は、皮をはがれ内臓をえぐり取られた4人のアメリカ兵の死体を見つける。ゲリラのアジトを発見し、奇襲をかけて全滅させた。そして、このミッションは重要文書を奪うためKGBとCIAが争い、ディロンはソ連側のゲリラ・キャンプを壊滅させるためコマンドを利用したことがわかった。一行はゲリラで1人生き残ったアンナ(エルピディア・キャリロ)をつれて合流地点へ急いだ。アンナが逃げ出し、追ってきたホーキンスを宇宙から飛来した半透明のプレデターが襲った。ついでブレイン、マック、ディロン、ビリー、ラミレスが倒された。迎えのヘリが来るはずの地点へアンナを先行させ、シェイファーはプレデターと対決した。どろまみれになった彼の姿を感知できぬことに気づき、シェイファーは罠をしかけ、プレデターを死闘の末に倒すのだった。

関連記事

  1. コマンドー (1985) : Commando

  2. レッドブル (1988) : Red Heat

  3. バトルランナー (1987) : The Running Man

  4. ターミネーター (1984) : The Terminator

  5. ツインズ (1988) : Twins

  6. ゴリラ (1986) : Raw Deal

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。