ターミネーター (1984) : The Terminator

未来からやって来た殺人機械ターミネーターに生命を狙われる女性、彼女を助けようとする戦士を描くSFアクション。監督はジュームス・キャメロン。脚本はキャメロンとゲイル・アン・ハードが執筆。撮影はアダム・グリーンバーグ、音楽はブラッド・フィーデル、特別ターミネーター効果はスタン・ウィンストンが担当。

監督:ジュームス・キャメロン James Cameron
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マイケル・ビーン、ランス・ヘンリクセン、ポール・ウィンフィールド

ターミネーター (1984)のあらすじ

未来の人類抵抗軍のリーダーであるジョン・コナーに手を焼くマシーンたちは、その母親サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)を抹殺せんがために、近未来の地球から殺人サイボーグ、サイバーダイン101型、通称ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)を1984年のLAに送り込む。ターミネーターはロスに住むすべてのサラ・コナーを電話帳で探し出し、次々と殺害し始める。時を同じくして、そのターミネーターからサラを守るために、一人の人類抵抗軍の戦士カイル・リース(マイケル・ビーン)も未来から同じ時代の同じ場所に送り込まれる。ターミネーターは機銃を片手に次々と殺害を繰り返し、不死身の体でパトカーを奪い、執拗に追いかけてくる。サラとリースは必死に逃亡する。リースが語る人類の未来は、数年後に無人高級機やミサイルをコントロールするAI防衛ネットワークシステム・スカイネットは、ある時、人類こそが敵と見るようになる。審判の日にスカイネットによって引き起こされた核戦争で大半の人類が死滅。その後に点在して生き残った人間もスカイネットとロボットたちにより、滅ぼされようとしているというものだった。

ターミネーター (1984)のストーリー

1984年のLA。閃光とともに、全裸の男が出現した。彼こそ2029年の未来からやってきた殺人機械ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)であった。ちんぴらを襲って服を奪い、銃砲店で銃を調達したターミネーターは、電話帳でサラ・コナーの載ったぺージを引き裂き、サラ・コナーという名の女性を2人射殺。ウェイトレスのサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)は恐くなり、テクノワールなるディスコから警察に電話を入れる。一方、家ではルーム・メイトのジンジャー(ベス・マータ)が男友達のマット(リック・ロッソヴィッチ)とセックスをしていた。そこへ、ターミネーターが侵入して2人を射殺。サラからの電話を聞いてターミネーターはテクノワールに行く。サラはあやうく殺されそうになるが、リース(マイケル・ビーン)に救助された。逃げ出す途中、リースが説明する。「今から数年後、核戦争が勃発し世界は壊滅。コンピューターが権力を握り、人間はほとんど全滅しかかっている。だが、ジョン・コナーという男がリーダーとなって人間側が優勢になった。機械側は殺人機械を作り、ジョンの誕生を阻止するため、タイム・マシーンで1984年に送り出した。僕はジョンの母親の貴女を助けるために来た」。リースとサラをターミネーターが執拗に追ってきた。カイルとサラは警官隊に囲まれ、署に連行された。トラクスラー警部(ポール・ウィンフィールド)とヴコヴィッチ刑事(ランス・ヘンリクセン)は、リースの話を信じようとしない。そこヘターミネーターが襲撃して来た。必死でリースとサラは逃亡し、とあるモテルにとまる。リースは「ジョンから君の写真をもらい、君に恋した。だから、この作戦に志願したんだ」という。2人は抱きあった。ターミネーターがここにもやってきた。また2人は逃げ出す。倒されても倒れても起きあがってくる夕ーミネーター。2人は工場に逃げ込んだ。リースはついに力つき死亡。サラは圧延機でターミネーターを押しつぶした。リースの子をみごもったサラは、やがて生まれてくるジョンのため組織作りのやり方、戦法を学ぼうと思うのだった。(オライオン=ワーナー配給*1時間35分)

関連記事

  1. ゴリラ (1986) : Raw Deal

  2. バトルランナー (1987) : The Running Man

  3. コナン・ザ・グレート (1982)

  4. レッドソニア (1985) : Red Sonja

  5. プレデター (1987) : Predator

  6. ツインズ (1988) : Twins

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。